六本木に高級デリが多い理由

14.02.13

六本木は富裕層が多くいるイメージが強く、デリヘルもそういった層に対応したかのように、高級デリヘルが非常に多いように感じます。mからsまで、さまざまな人に対応した店が並んでおり、こんなマニアックな事まで、できるのかよといった店まで、並んでいます。やはり、六本木の人は会社を背負っている人も多く、日ごろの仕事疲れやストレスを感じている人も多いのでしょう。そんな時には高級デリヘルで、疲れと共になにもかも吐き出してしまいたいと考えるのでしょう。それで、あれほど数多くのデリヘル店があるのですね。そして、そういった店を探す場合、口コミのケースも多いようです。富裕層の社交場でデリヘルの話をしているのは、想像しにくいかと思いますが、現実的にそういった話があるようです。下ネタは万人に共通するもののようで、そこには金持ちも貧乏人も関係ないようです。エロは生物的な根源、というか本能のようなもので、エロがあるからこそ、彼らも仕事に精を出せるところがあるようです。また、六本木ならではのビップ制度もあるようで、常連は特別室や、有望な新人の紹介などもされ、何かと高待遇を受けているようです。また、自分の店を持つ人もいるから驚きです。