六本木を初めとして、高級デリヘルのブームが始まっています。

14.02.13

日本で昔からある職業として風俗があります。古い歴史で言うと、なんと江戸時代の頃から風俗があったそうです。バブルの時期を境に、風俗関係のお店は増えてきて、あちこちにソープランドができるようになりました。しかし最近ではソープランドよりもデリヘルというタイプの風俗が人気になってきています。デリヘルの便利さは、自分でお店にいかなくても、自宅やホテルに嬢を呼んで楽しむことができるお手軽さにあります。さらに最近になって、デリヘルの中でも格がというものが分かれてきました。俗に言う高級デリヘルというタイプが現れたのです。風俗が増えて、デリヘルも増えることで、同業者が非常に増えることで競争が激しくなりました。そのため六本木の高級デリヘルのような、質もサービスも良い高級店が誕生したのです。数も量も多いデリヘルでは、必然的に嬢の取り合いになります。そのため質が低下してしまうのです。そこで、値段を若干上げる代わりに、在席している女の子の質を選り分けて、レベルの高い高級デリヘルのサービスを行うところが現れるようになりました。在席する女の子はスタイルが良い美人だけを選び、行為だけではなくトークや作法も高級店のクオリティを保つようにしています。高級デリヘルは、風俗にあまり良い思い出がないという方がハマってしまう噂が後を絶ちません。上質の女の子が集まっている六本木の高級デリヘルを初めとして、今あちこちで高級デリヘルブームが始まっています。