変態プレイをするために、六本木の高級デリヘルへ

14.02.13

変態プレイをするために、六本木の高級デリヘルに行ってきました。自分はドのつくほどの変態で、ソフトなmプレイを好みます。そして、いつものお気に入りの嬢を指名しようと、馴染みの店に行きました。なんと、残念な事に嬢は不在だったのです。諦めて帰ろうと思いましたが、気になる写真が目にとまりました。どこか儚げで、ひきつけるような魅力のある嬢の写真です。私の脳に直接、この娘を氏名白と語りかける何かがそこに、ありました。そして、私は引き寄せられるように彼女を指名しました。結果としては、私の判断というか本能は間違っていなかったようです。彼女のプレイテクニックは、まさにプロそのもので、新人とは思えない技量を持ち合わせていました。そして、それでいて作業感を感じさせない包容力があり、まるで本当の彼女とプレイしているかのように錯覚させる魔力がありました。贔屓にしている嬢がいる私ですが、この娘への乗り換えを本気で検討させるほどの完成度でした。さすが、六本木の高級デリヘルの厳しい審査をくぐりぬけた精鋭といった所です。その看板に偽りはなく、そして、彼女は将来、店の看板をしょってたつような大物になる予感を私はひしひしと感じていました。