高級デリヘルの経営 ー立ち上げ時の苦労話ー

14.02.13

六本木で高級デリヘルを経営しています。そこで、立ち上げ当時の苦労話なんかをしたいと思います。やはり、苦労したのは嬢を集めることですね。いくら高い報酬でも、やはりデリヘルのイメージというのは女性には、あまり良くない傾向にあり、どうしても人が集まりにくかったです。そして、集まった人も素材は素晴らしいものを持っていたのですが、化粧や言葉遣いが未熟で、この辺りの指導を行うのに苦労しました。最初の方は高級デリヘルととても言えるものではなく、六本木の恥といわれることもままありました。しかし、一人一人のお客様を大切にし、サービスも丁寧にし、嬢のケアもしっかり行うことで、徐々にリピーターも増えていき、いまでは高級デリヘルに恥じることのない存在となっています。私のデリヘルの特徴は、なんといっても嬢を大事にしている事ですね。健康診断もしっかりいかせていますし、体調不良の時のサポートも万全です。また、風俗嬢としての心構えから、テクニックの指導まで一から行っているので、他店のオーナーも家に修行に行かせるなんて事もあったりします。最初は小さな風で吹き飛びそうな店からスタートしましたが、今では、一大勢力まで成長させる事ができました。